げばると処女

典型的女子高生異世界救世主型ファンタジー大河浪漫小説

トップページに帰る

県立門代高校で知らぬ者の無いかんぺき優等生 蒲生弥生はあまりの天晴れぶりを見込まれて、トカゲの神様に異世界に召喚されてしまう。

そこは「十二神方台系」と呼ばれる、ほぼ真四角の大地。人が長く住み文明を築き繁栄を続けている。
この世界では千年に一度、天の神の使いとして救世主が遣わされ、その都度新しい王国が立ち歴史のステージが変わっていく。
今回選ばれた救世主が、蒲生弥生。だが運の悪いことに、彼女は救世主としてはオーバースペックであった。
ほどほどに、世間一般の救世主並みにしておけばいいものを、マジで真の救い主として歩み始める。

もしも彼女が来なければ、世界は可もなく不可もなく喜びと悲惨を綯い交ぜにして、平穏無事に進んで行っただろう。
だが来てしまったものは仕方ない。地獄巡りに付き合ってもらおう。

辞書と年表 各巻各章の説明 VISUAL IMAGE

 

EP1 「トカゲ神救世主蒲生弥生ちゃん、異世界に降臨する」

第一章 救世主蒲生弥生、異世界に降臨す
第二章 弥生ちゃん、タコ巫女の手引きで人界に下る。
第三章 弥生ちゃん、市にて剣を購う
第四章 弥生ちゃん、喪なわれた紅曙蛸神巫女王に見える
第五章 ゲルタ売りの少女、王都にて混乱のるつぼを覗く
第六章 金雷蜒寇掠軍、救世主の御業の片鱗に触れる
第七章 救世主弥生ちゃん、東金雷蜒王国に上陸する
第八章 弥生ちゃん、毒地にて金雷蜒姫を虜とする
第九章 仮面の男、自らの罪を語る
第十章 金雷蜒王姉妹、毒地神聖首都より魔手を伸ばす
第十一章 巨大金雷蜒神、虚空より災厄の女神を召喚する
第十二章 青晶蜥神救世主、巨大金雷蜒神に勝利する
最終章 青晶蜥神救世主蒲生弥生ちゃん、大地を浄化して新時代の扉を開く

 【十二神創世の物語】【ゲルタのおいしいいただき方】

EP2 「トカゲ神救世主弥生ちゃん、激闘の渦中に在り」(ギジジットを出て、デュータム点に向かう)

第一章 褐甲角王国赤甲梢部隊、不可思議なる光に遭遇する
第二章 ゲルタ売りの少女、王都にてなんだかわからない話を聞かされる
第三章 ソグヴィタル王、紅曙蛸女王の市で天意を撃剣にて占う
第四章 金雷蜒神と共に王姉妹帰還す 
第五章 弥生ちゃん、頑に拒む暗殺者を無理強いに下僕とする
第六章 偽弥生ちゃん、東金雷蜒王国にて人々を病苦から救う
第七章 褐甲角王国は鳴動し、とりあえず著者は設定を整える
第八章 金雷蜒少女、褐甲角王国への寇掠を決意する
第九章 弥生ちゃん、平原にて蝗の大群に襲われる
第十章 蒲生弥生、運命の出会いをする
第十一章 青晶蜥神救世主、西に向かう
第十二章 そして舞台は一幕を終え、次なる悲劇を用意する
最終章 カプタニアより愛と共に。

 【褐甲角王国における青晶蜥神救世主の法的位置付け】【科学的なお話】【未来の話】【髪の毛のはなし】【エピローグ〜幾何〜】

EP3 「救世主弥生ちゃん、錯綜する正義に歪む」(デュータム点滞在中、大審判戦争勃発)

第一章 古の女王の吐息は、南海をさざめかせる
第二章 沸き起こる歓呼の声に、救世主は眠れない
第三章 北の都に咲く双輪の花は、可憐な毒に彩られ
第四章 奮い立つ若武者に、薫風は微笑む
第五章 金雷蜒少女、鬼谷の妖気に美身を震わせる
第六章 針の穴から覗く天は、どこまでも青く
第七章 いぬのはなし
第八章 赤き矢は平原を貫いて、旭日を望む
第九章 戦戯の棋盤に列する駒は、泥濘の中に転ぶ
第十章 金雷蜒少女、初めての接近遭遇
第十一章 聖戦に沸く武王の都は、今日もいいお天気
第十二章 破れし者の名は、栄光の翼に乗ってはばたく
最終章 青晶蜥神救世主は明日を越えて、明後日に向かう

 【ウエンディズ雑談】【天文のお話】【闘猫】【羅針盤】【エピローグ〜ステイチューン〜】

EP4 「忙中閑あり姦計あり」(大審判戦争 前篇)

第一章 褐甲角の兵は剣に恥じる所無し
第二章 古の劫火の顎には、滅びを饗すべし
第三章 聖なる洞に潜む怪物は、母の姿もて下る
第四章 背伸びをして、大股で歩いて、怒られて
第五章 真円の金貨に刻まれし象(かたち)は、魅惑の陰謀を帯びて
第六章 尻尾の勢いを駆る青服の道化は、夕闇に踊る
第七章 葉片に綴られる想いは、女達を彩りて 〜弓レアル楽勝宣言〜
第八章 勇戦。
第九章 怪談ムポルノ原
第十章 傍若無人の王女にも、ひとのこころはある
第十一章 暗夜に遊ぶ少女は、綴れ織の現を覗く
第十二章 欲望を追求する者は多けれど、極める者は古今に稀なり
最終章 雷鳴轟く

 【『武徳聖伝』 第八章十七節】【『真実の救世主の書』 第二章「目覚めの朝」九節】
 【火の救世主】【豆】【青晶蜥神救世主の贈り物】【手紙】【ゲルタ貨幣の数え方】
 【剣の処女】【ぱりてぃ】【パンツァー・リード】【エピローグ〜猫〜】

EP5 「天下泰平火事ぼうぼう、弄せずして果実は掌に転げ落ちる」(大審判戦争 後篇)

前編
第一章 故に蒲生弥生ちゃんは最強である。
第二章 東方街道の戦い〜赤甲梢征東記
第三章 波濤の攻防〜赤甲梢征東記 その2
第四章 天原の迷宮〜赤甲梢征東記 その3
第五章 武徳王の戦い
第六章 平原に果つる闘志は、少女の憐憫に濡れる

後編
第七章 問われる者の名を、問う者は知らず
第八章 回る舞台は七色に、虚実の幕が行き交った
第九章  ここが峠。
第十章 なんでも作るよ弥生ちゃん
第十一章 巨いなる蟲の巣籠に眠る人は
第十二章 毒殺鬼アルエルシィ
最終章 喪服の女達 

 【コウモリ神人】【紅御女】

 【真夏の夜の夢】【『紀元6666年』】【電撃戦幻想】【ネコとイカの関係】
 【エピローグ〜或る黒甲枝の決断】

EP6 「青晶蜥神救世主の不在」(弥生ちゃん失踪す)

前編
第一章 そして新章
第二章 空飛ぶ王女の焦燥
第三章 恋のプロトコル
第四章 VS志穂美
第五章 ふりかえれば、ひとり ☆
第六章 慈悲深き若き御手に、童子は惑う ☆
第七章 踊る会議の味は苦く深い

後編
第八章 青髪白鯣の呪い
第九章 ゆめのかよいじ、うつつのよみじ
第十章 ひまなひとびと
第十一章 王女殺害事件
第十二章 普通の人々
最終章 日暮れてなお道遠し

 【訃報】【ととや】【奈落】【一方その頃弥生ちゃんは】【ついで】【志穂美さんから一言】
 【樹獄】 【蒲生弥生観察報告 その1】【命名規則!】【母の恐怖】 【銀の髪】

 【弥生ちゃん存在証明】【見果てぬ夢】【餅】【ひまなひとびと 『戯』】【ひまなひとびと 『俗』】【マヨネーズ中毒】
 【エピローグ 〜蒲生弥生観察報告その2〜】

EP7 「大審判大どんでん、終り良ければ統べて由」(げばると処女前半最終回)

前編
第一章 懐談百物語
第二章 廻脳遊戯
第三章 既知との遭遇
第四章 娘芝居聖蟲戯
第五章 黒甲枝三景
第六章 ヒロインの証明

後編
第七章 (姫一刀奥義斬あらため) 真・姫一刀奥義斬
第八章 じいさまとねえさま
第九章 還って来た酔っぱらい
第十章 振り出しに戻る
第十一章 ざっつえんたていめんと
第十二章 蟲占の儀
最終章 最終回蒲生弥生ちゃんの大審判

 【幽霊のはなし】【チキチキ!弥生ちゃん財宝争奪猛レース】【紅曙蛸女王列伝】【神撰組の編成】
 【十二神方台系分割支配】【白い粉の恐怖】【メグリアル神衛士】【蒲生弥生という人は】 【黒甲枝三景 その2と3】

 【シュメ・サンパクレ・ア】 【聖弥生ちゃん学園】【医神】 【ひぽぽたますの誓い】【チェス・クイーン】
 【最後の使者】 【人工動力!】 【DUNGEONS & 弥生ちゃんズ】【青服の男】【一方その頃カエル姫は、】
 【朗読会への招待】【刀話】 【明美の部屋 〜ゲストにジョグジョ薔薇さんをお迎えしました〜】【ちょっとおさらい】
 【グランド・エピローグ】

アペンディクス(完結編)(後始末)

【一方その頃弥生ちゃんは、無茶をやっておりました】【タコ女王顛末】【げばげばぎっちょん】 【油話】【本編主人公】【さようなら、トカゲ神救世主弥生ちゃん】【げばると処女】

 

タコゲジゲジカブトムシトカゲ・蝉蛾ミミズカタツムリクモ・カニカエルコウモリネズミ、これぞ創世十二神 

 

 

『ぴるまる薔薇園の崩壊』; 「げばると処女」先行試作小説

 

設定話

  第一夜 第二夜 第三夜 第四夜  

  第五夜 第六夜 第七夜 第八夜  

  第九夜 第十夜 第十一夜 第十二夜

  第十三夜 第十四夜

  秘密設定(非公開) ダイジェスト版エピソード1

  蒲生弥生「第一夜」旧バージョン:挫折!

  第一話「弓レアル」
  第二話「弓レアル〜2」    第2・5話「閑話休題」

くっちゃりぼろけっと(げばると処女設定話);

2004、2005年 2006年前半 2006年後半 2007年 2008年 2009年 2010年

 

inserted by FC2 system